デッサンを本格的に学ぶ◆『デザイナーのための精密デッサン』

デッサンを本格的に学ぶ◆『デザイナーのための精密デッサン』

販売価格: 6,000円(税込)

在庫わずか
数量:

商品詳細

松本英一郎、深澤純子著

『デザイナーのための精密デッサン』

(アトリエ技法シリーズ増刊E10、

アトリエ出版社、1984年発行)

 

 

デッサンを、自分では、がんばって描いているつもりなのに、なかなか上達しない。

そんなふうに、悩んでいませんか?

 

隣の人のデッサンは、奥行きがあり、力強さがある。

そして、立体感があり、こちらの迫ってくるような迫力と存在感まで……。

 

一方、目の前にある自分のデッサンは、なんとなく薄っぺらく感じられる。

全体的に平板で、白っぽい感じ。

なんとか形はとらえることができて、影もつけることができるようにはなった。

……でも、もっとデッサンをうまくなるには、どうすればいいんだろう?

 

デッサンを勉強していると、そういう壁に、必ず、ぶつかります。

 

デッサンを、さらにうまくなる。

 

このような目的、というか、やるべき道は見えています。

しかし、その方法というか、具体的に何をすればいいのか?

 

それがわからないから、悩み、苦しんでいるのではないでしょうか。

 

デッサンの基本や初歩的な技術については、多くの本が出版されています。

それは、やはり、最初が一番、難しく、つまづく人が多いからです。

しかし、それを乗り越えた人はどうするのか?

 

もちろん、地道にデッサンを続けるうちに、どんどんと上達する人もいます。

しかし、多くの人は、どうすれば、さらに良いデッサンを描けるのか、その方法がわからず、悩み、迷ってしまいます。

 

なぜなら、高度なデッサン技術は、美大の授業や一部のデッサン教室などの、ごくごく限られた場所で教えられてきたからです。

そのための具体的で、実践的な方法は、多くの人に向けて語られる機会は、少なかったのです。

 

そのため、デッサンの上達方法がわからず、悩む人が多い原因でした。

 

しかし、ごく一部には、デッサンの上達方法を解説した本が存在します

 

基本をマスターした後の人に向けた、いわば、中級者・上級者に向けて書かれた本です。

そこには、どういった点に注目すればいいのか、といった、デッサンをうまく描くコツが説明されています

また、どういう風に描けばいいのか、その具体的なテクニックが披露されています。

 

デッサンというのは、どのように対象をとらえ、それをどのように描くのか、といった二つの技術が必要です。

いわば、自分の目でインプットし、自分の手でアウトプットするという二つの方法がワンセットになってこそ、素晴らしいデッサンへと結びつきます。

 

そのための技術と知識を解説しているのが、本書『デザイナーのための精密デッサン』なのです。

 

 

そして、上達への第一歩は、なんといっても、実際のデッサン作品を見ることです。

 

そうすることで、どのようなデッサンを描けばいいのか、といったことが具体的に把握でき、頭の中でイメージできます。

つまり、明確な一つのゴールが、実際にわかるわけです。

後は、それに向かって走ればいいんです。

 

つまり、上手なデッサン表現をするには、どのような点に注意して、具体的に、どのように描けばいいのか、その方法を知り、身につければいいのです。

そのための解説が、本書には、おさめられています。

 

それらを理解するためにも、実際のデッサン作品を多く見ることが必要不可欠です。

 

美大やデッサン教室にでも通っていないと、なかなか多くの良いデッサンを見る機会はありません。

だからこそ、本書『デザイナーのための精密デッサン』のように実際のデッサン作品が、多く掲載せれている本は、貴重なのです。

 

そして、それらを通して、デザイナーとしてのセンスが育っていくのです。

なんといっても、「デザイナーのため」のデッサンであり、その方法だけを解説した本が、この本です。

 

 

とにかく、デッサンは、描かなくては、はじまりません

そして、それを続けることが大切です。

 

デザインのためのデッサンは、実技であり、実践が重要です。

単に知っているだけの知識だけでは、通用しません。

 

良いデッサンを見て、そこから表現技術を学び、自分で描いてみる。

これを繰り返すことでしか、デッサンはうまくなりません。

 

もちろん、そのためには、お手本となるデッサン作品をたくさん見る必要があります

そして、どのようにしたら、そのようなデッサンを描くことができるか、的確なアドバイスが必要です。

 

その2つを学ぶことができるのが、本書『デザイナーのための精密デッサン』です。

 

そして、本から学んだ後は、行動あるのみです。

 

なにより、デッサンの上達には、1枚でも多くの作品を描くことです。

1枚描いた人より、2枚描いた人の方が、10枚描いた人より、20枚描いた人の方が、上達していくでしょう。

 

そのためには、すぐに行動することです。

はやくデッサンに本格的に取り組めば、その分、人より早く上達できます。

 

そのために必要とされる知識と技術が、本書『デザイナーのための精密デッサン』で語られています

 

 

 

以下が、目次になります。

 

松本英一郎、深澤純子著『デザイナーのための精密デッサン』

(アトリエ技法シリーズ増刊E10、アトリエ出版社、1984年発行)

 

第1章 観察から認識へ、そして描写へ

 対象をどう認識するか

  デッサンから学ぶ9つも認識分析

  制作の実践から学ぶ認識のシステム

 さらに認識を深めるために

  (I)樹木の場合

  (II)水の入った瓶の場合

  (III)鳥の剥製の場合

  (IV)スクラップの場合

 そして描写へ

  精密デッサンから確かな表現力を学ぶ(I)〜(IV)まで

  参考として・カラー表現

第2章 人物を描く

 分析

  骨格 プロポーション 筋肉 動き 動勢

  頭部 毛髪 手・足 コスチューム

 制作

  コスチュームに人物を描く

  作例から学ぶ描写のポイント

  参考として・百面相

第3章 「見えにくいもの」「見えないもの」を描く

 倒れた石膏像

  概念にとらわれない観察

 ビニールをかけた石膏像

  知覚を優先した認識

  作例から学ぶ描写のポイント

 鏡面の世界

  虚像実像の空間と質感をどう表現するか

  作例から学ぶ描写のポイント

 透明な世界

  鏡面上のグラスと水を描く

  作例から学ぶ描写のポイント

まとめ――古典から学ぶ

まとめ――いくつかの反証を中心に

 

 

 わかりやすく、的確な解説が、図入りで掲載されています

 

 

 

デッサンの実際の作品が多く掲載されているため、見ているだけでも勉強になります

 

 

 

 

●追伸●

 

ここまで、本書に対して、興味をもっていただき、ありがとうございました。

 

最後に大事なことを、一つ、お伝えします。

 

本書は出版されてから、年月が経過しているため、現在では、なかなか入手が難しい本です。

私の書店でも、一度売れると、次に、いつ入荷してくるか、わかりません。

 

ぜひ、興味のある方は、今のうちに、ご注文ください。

お待ちしております。