「DO THIS OR DIE.」西尾忠久編『DDBドキュメント』誠文堂新光社

「DO THIS OR DIE.」西尾忠久編『DDBドキュメント』誠文堂新光社

販売価格: 15,000円(税込)

在庫なし

商品詳細

西尾忠久編集『DDBドキュメント』(ブレーンブックス)誠文堂新光社、1970年発行

 

 

■広告の「本物の」考え方を身につける

 

本書は、広告デザインの勉強をされている方や、実際に広告デザインに関わっている方の参考になる本です。

まず、DDBというのは、「ドイル・デーン・バーンバック」の略で、アメリカの有名な広告代理店の名前です。

タイトルに書いた"DO THIS OR DIE."とは、「これをするか、さもなくば死になさい」という意味です。

 

これはDDB自身の広告の中に出てくるキャッチコピーです。

その広告の中で、DDBは、広告のあるべき姿というものを述べています。

つまり、広告を間違った使い方をしてしまうと、結局、広告代理店である自らを滅ぼしてしまう、ということです。

ここでは、自らの使命を宣言しているのです。

そのような広告制作に関する使命や、明確な考え方をもった制作会社というのは、珍しいのではないでしょうか。

そのような広告代理店で働く人々の生の声が、インタビュー記事として、まとめられているのが本書です。

 

広告というと、どうしても派手な見た目や、きれいなビジュアル、といったものに、関心が、いきがちです。

そして、そのような見栄えのいい広告を作ることが、デザイナーの仕事だと思われています。

確かに、広告にとって、第一印象や、美しさ、といったものは大切です。

しかし、それらのビジュアルは、広告のコンセプトから導き出されたものです。

そして、広告の役割や、本当の力といったものを、しっかりと理解していないと、コンセプトやビジュアルは、効果的な働きをしません。

広告の根本的な考え方を身につけるためには、時代に左右されない「本物の」考え方を学ぶ必要があります。

そのための重要な導き手となるのが、本書『DDBドキュメント』なのです。

 

 

■では、『DDBドキュメント』とは、どんな本なのか?

 

DDBは、クリエイティビティに優れていて、代表的な広告としては、今も伝説として語り継がれる、フォルクス・ワーゲンの一連の広告などがあります。

「Think small.」と題された広告は、古い広告ですが、ご覧になった方も多いと思います。

(広告や、広告デザインの本には、必ずと言っていいほど、登場してきます)

そのDDBの経営陣や、クリエイティブスタッフにインタビューをした記事が、たくさん掲載されています。

当時、世界的な広告を作りだした方々の生の声が聴ける貴重な本です。

そこでは、広告の基本的な考え方から、広告作りの具体的な発想法やテクニックまで、幅広く語られています。

 

 

私が考える本書の特長は、以下のようなものです。

 

1)広告とは何か、ということを知ることができる

2)広告を作る人間の使命がわかる

3)考え方と表現を結びつけることができる

 

 

1)広告とは何か、ということを知ることができる

人は、ビジュアルを見て、広告に関心を示します。

したがって、どうしても、見た目から、広告を考えてしまいがちです。

しかし、広告の本質は、その考え方にあります。

本書は、そのことを、きちんと説明し、誰にでも気づかせてくれます。

 

2)広告を作る人間の使命がわかる

広告は、物やサービスを売るためにあります。

しかし、それは一つの結果であり、一つの機能でしかありません。

何のために広告を作り、多くの人に訴えるのか。

この部分がわかっていないと、本当の広告を作ることはできません。

また、広告は、人々や社会に大きな影響を与えるものです。

そのため、広告を作る人には、大きな責任があります。

そのため、広告の使命というものを理解しておく必要があります。

これは、広告を作る上での大前提となります。

その使命に関しても、本書では明確に述べられています。

 

3)考え方と表現を結びつけることができる

一方、いかに優れた考え方や、深いコンセプトを持っていても、それが広告を見る人に伝わらなければいけません。

そして、その前に、広告に関心を持ってもらわないといけません。

そのために重要な役割をはたすのが、表現です。

では、考え方やコンセプトを、どのように表現へ結び付けていくのか

その具体的な方法が、いくつも語られています。

 

 

★現在では非常に入手が難しくなっている本です★

広告の基本的な考え方や使命、そして、展開の仕方や表現方法まで、20世紀の広告制作のエッセンスがつまっています。

 

 

 

 

広告に関する基本的な考え方が学べます。

 

 

実際の広告も、いくつも掲載されています。

 

 

広告代理店で働く人の生の声です。