ワタリウム美術館編『ロトチェンコの実験室』(新潮社)

ワタリウム美術館編『ロトチェンコの実験室』(新潮社)

販売価格: 7,000円(税込)

在庫わずか
数量:

商品詳細

本書は、ワタリウム美術館編
『ロトチェンコの実験室』(新潮社)
1995年11月25日発行です。


ロシア構成主義は、デザインを学んだ方でしたら、
一度は聞いたことがあるかもしれません。

なぜなら、モダンデザインの源流として、
歴史的にも重要な流れの一つだからです。

そのため、ロシア構成主義を通して
モダンデザインを学ぶことは、
デザイン技術の習得や、
デザインを深く知るためには、
とても役立ちます。


そして、そのロシア構成主義を
代表する人物の一人が、
ロトチェンコなのです。

ロトチェンコは、
今からおよそ100年前、
20世紀初頭に活躍した芸術家です。

デザインだけでなく、
写真や舞台芸術など、
幅広く活躍しました。


本書には、彼の作品の図版が、
多数、収録され、
見ているだけでも、
かなり刺激を受ける1冊となっています。

そして、様々な分野で先駆的な作品を残した
ロトチェンコの全体像を紹介しています。

作品が生みだされた背景や、
生きた時代も理解できる構成になっています。


ロトチェンコは、
大きな影響を残した人物ですが、
彼について日本語で書かれた本は、
珍しいと思います。

そのため、本書は、貴重な本なのです。

本書を読むことで、
モダンデザインの源流である
ロシア構成主義や
その一翼を担った
ロトチェンコを
深く理解することができます。

それは、現在のデザインにおいても、
とても役立つことでしょう。

 

目次

●ワタリウム美術館編『ロトチェンコの実験室』(新潮社)

発明家の人生

 ヴァルヴァラ・ロトチェンコ「ロトチェンコという人

 あるいは機関紙『アパートメント18号』に書かれていたこと」

 1943年8月11日付けのロトチェンコの手紙

 アレクサンドル・ラフレンチェフ/新しい絵画の発明家

ペインティング・立体

グラフィック

ステパーノヴァの作品

 沼野充義 軽やかな前衛
 ――ソヴィエト文化史のロトチェンコ

 五十殿利治 「『想像力の部屋』
 ――ロトチェンコの「空間」と「労働者クラブ」

 柏木博 ロトチェンコの広告
 ――もうひとつの二〇世紀大衆文化の可能性

写真

 飯沢耕太郎 断片と総合
 ――写真家アレクサンドル・ロトチェンコ

 和多利恵津子 その後の実験室(編者あとがき)

年譜(五十殿利治・編)

 

 

ハードカバーの上品なつくりになっています

 

彼の作品や考え方を知ることができます

 

彼の人生がわかる年表も掲載されています

 

 

★ロシア構成主義で活躍した

 ロトチェンコについて書かれた貴重な本です★

 

ぜひ、この機会に、お読みください。

他の写真