江島任、多川精一、木村裕治ら登場。デザインの現場編『本づくり大全』

江島任、多川精一、木村裕治ら登場。デザインの現場編『本づくり大全』

販売価格: 2,000円(税込)

在庫なし

商品詳細

●デザインの現場編『新デザインガイドブック「本づくり大全」文字・レイアウト・造本・紙』(美術出版社)

この本は、雑誌『デザインの現場』1997年6月号と8月号の特集をまとめたものです。
  江島任さんや多川精一さん、そして木村裕治さんなど、レイアウトの達人が次々に登場し、その秘訣を披露してくれます。
  また、タイポグラフィや写真など、レイアウトに必要な要素の解説も、詳しく掲載されています。
  基本的なレイアウト技術を学ぶには、格好の参考書と言えるでしょう。

(目次)
文字とレイアウト
 インタヴュー 江島任 紙面の躍動美は「手」で追求される
 インタヴュー 多川精一 「レイアウトは視覚演出から」を主張する
 木村裕治 木村裕治のレイアウト
 横井徹(『オリーブ』AD) オリーブ流“気分”を生かすレイアウト術
 毎日新聞 タブーを常識に変えた毎日新聞の紙面レイアウト
 朗文堂 片塩二郎 文字で伝えるということ
 日本語の美しい組版の系譜 臼田捷治
 デザイナー御用達 7人の文字組名人 プロスタディオ+INOX+東京オペレーションズ+スタジオD+オフ・デザイン+聚珍社
 DTP的文字組指向(1)杉本浩(勝井デザイン事務所) 『たて組よこ組』が追求する可能性の基準 オーセンティックなアヴァンギャルド
 インタヴュー 鈴木一誌 組版の要は「動機の文法」
 DTP的文字組指向(2)佐藤直樹 しなやかに発する抑制と解放の文字力学
 グリッドシステム スイス・ドイツで発達したタイポグラフィとレイアウト 中垣信夫+小泉均

造本と紙
 第1部 装幀 ブックデザインの仕事場
  祖父江慎
  新潮社装幀室
 第2部 用紙・製本・造本
  須田誠一の造本感覚 その技と理念
 「和綴じ」の技術で自分で本を閉じてみる ユミコノグチ
 特別付録(1) おまけの本『CONCRETE POETRY』
  駆け足製本所見学
  ブックデザインのための用紙選びの基礎知識
  話題の本に使われた用紙はこれだ
  三省堂の辞典造本
  中性紙使用を訴える 国立国会図書館資料保存課の仕事
  紙とデザイナーを結んだデザイン界の裏側 故・木戸啓
 特別付録(2) ファインペーパー・プライススケール1999
  紙を見たい・買いたい・調べたい
 第3部 Book Collection 114冊のユニークな本のかたち

※1999年7月10日第1刷発行、出品分は2002年1月25日第4刷です。